スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

前回に引き続き…

2010.03.28(02:42)

今日、ロハの祭壇にていつものお友達と狩りをしていると

「救いのない終わり方をする映画」の話題がちょっぴり出ました

お友達の一人がそんな映画や物語が好きとのことで。

ブログにそんな映画を紹介しといてという投げっぱなしな希望に応えて…



less [レス]

2003年製作のサスペンス・ホラーです。

内容はというと


クリスマス・イヴの夜。

ハリントン一家は毎年恒例のクリスマス・パーティに出席するため、

おばあちゃんの家へと向かっていた。

20年以上も同じ道を通ってきたフランクだったが、

この日彼はなんとも魅惑的な近道を発見。

ひとけのないその道に車を進めた。

ところが、どうしたことか行けども行けども目的地にたどり着かず、

道はどんどん暗く薄気味悪くなっていった。

やがて一家は、赤ん坊を抱え道端にたたずむ白いドレスの女と遭遇する。

それを境に、一家の不吉な予感はいよいよ現実のものとなっていく。

(ALLCINEMA記事より抜粋)


ネタバレはできませんがなぜか微妙にゾッとするような結末を迎えます。

まったく救いはありませんw

世界の終末的な壮大な絶望は皆無ですが、

身近に迫ったら発狂しそうな恐怖を描いています

私、この映画を夜勤の仮眠休憩中に(ナイショ)たった一人暗い室内で

ヘッドホン使用して鑑賞しました


救いのない映画といえばもう一つ



ファイナル・デスティネーション(Final Destination)

2000年の一作目 ファイナル・デスティネーション(飛行機事故) をはじめ

二作目 デッド・コースター (高速道路交通事故)

三作目 ファイナルデッドコースター (ジェットコースター事故)

四作目 ファイナルデッドサーキット (サーキット場)

と続編が製作されています

四作とも共通しているのは

凄惨かつ壮絶な事故を主人公がみた予知夢にて回避した生存者が

「死神のリスト」…死の運命から逃れられず次々無残な死を遂げていくという内容。

括弧の中の事故名はそれぞれ冒頭で起因となった事故の種類です



かなりゴアな映像も含まれているので、それが苦手な人にはオススメできません

キモは残酷な映像というよりは

ピタゴラスイッチ的デストラップといったとこでしょうか。

すくなくとも私の同年代の同性は触れたがらない種類の映画でしょうw

救いのない結末といいましたが二作目はまぁ、救いのある終わり方をしています

それぞれちょっぴりだけ内容がリンクしていたりするので

抵抗なければ順番にみてもよいかもしれません

個人的には四作目のオープニング・・・クール過ぎww


さてロハン。

弱っちいアイオネーナ嬢も転職が射程距離にはいり、

弱っちいまま成長を遂げつつあります。

いうまでもなくアマドールも乃亜も弱いまま放置しているので

「弱小キャラ育成の匠」の異名をいただければ幸いです

アイオネーナはもちろん精神ウィズを死亡志望。

いつものメンバーで狩るのを前提なら

プリースト・テンプラー・サベージ・アーチャー・・・そしてウィズ

いいバランスですよね ☆~(ゝ。δ)

それでも油断死・チャット死するのが私のアイデンティティー。

それを事故死と自己説得する自分が限りなく大好き(チネ

例えピンチになって死に掛け、持ち直しても

その後みんなの期待に応えて経験を減らして見せるのが私の天命!

こんな事を書いてると、居候してる親友が通りすがり

rohanでファイナルデスティネーションか・・・

そう、私の守護神は死神よ!☆~(σ。σ)♪







おすすめの映画は?

2010.03.26(03:04)

こんばんは

趣味の種類に関わらず、必ず第三者から投げかけられる質問

「おすすめは何?」

音楽好きな方なら
 「おすすめの曲は?」
 「おすすめのアーティストは?」

食べ歩き好きな方なら
 「おすすめのお店は?」
 「おすすめの料理は?」

etc…

映画が大好きな私は今日、職場の後輩から

「おすすめの映画はありますか?」

そんな質問を突き付けられました。

実は簡単なようで非常に難しい質問。だって好みって千差万別だもん(⌒-⌒;) ・・・・

私みたいな好みの狂った偏った映画好きは普通の感性を有している方には何をオススメすればいいのやら…

なのでシャレの通じる親しい友人からそういう質問を受けた時にはこう答えています

「レンタルショップいって好きなジャンルの棚に行きましょう。そして目を閉じて最初に手にした作品を鑑賞して下さい」


半ば飛び道具的投げ放しな返答にリアクションを返せずにポッカーンとする方もいましたw

精一杯の返答なのです。実は私もよくやる方法だったりするのです。

見たいものがいまいち思い浮かばないときはこの方法で映画を選んでいます。

意外とヒットする作品に出合えたり、なかなか見ようと踏ん切りつかなかった作品を選んでいたり…

これが私のオススメです("⌒∇⌒")


おんなじ感性、近い感性をお持ちの方には自分がみて良かったものをオススメします。

その一つに

「デス・プルーフ」
監督・脚本・撮影 クエンティン・タランティーノ
キャスト カート・ラッセル ゾーイ・ベル ロザリオ・ドーソン シドニー・ターミヤ・ポワチエ
      ローズ・マッゴーワン  メアリー・エリザベス・ウィンステッド クエンティン・タランティーノ

という作品があります

この作品、姉妹作品である「プラネット・テラー」とあわせて グラインドハウス という別の名前(?)を持っています

登場人物がプラネット・テラーとちょっぴりリンクしておりそちらもオススメしたいのですがそれは別の機会にw

私は両作品とも劇場で鑑賞した上、DVDも購入しちゃいました

内容はもうどう語ればよいのか私もわかりません(⌒-⌒;)

ただもうキャストが魅力的すぎてw

カート・ラッセル
 ご存じの方多いでしょう。親戚にこんなオジサンいたら最高なのになぁw
 バック・ドラフトのお兄ちゃん役が一般的に有名かな^^b
 今作では最高にダメ変態な殺人スタントマンをステキに演じております
  
ゾーイ・ベル姐
 本物のスタントウーマンです。キル・ビルやポセイドンなどでスタントされていたかと。
 作品中でもスタントウーマンの役を演じておられます。
 とっても個性あふれる魅力的姐さんですw私はこの作品でこの人が一番好きw

メアリー・エリザベス・ウィンステッド嬢
 ダイ・ハード4でマクレーン刑事の娘ルーシー役をしていた女の子です。
 今作では可憐なチアガール姿で男女を問わず悩殺して下さってます
 いつみても萌えるんですよね、この人…

ロザリオ・ドーソン姐
 シン・シティで娼婦街のボスを演じていたといえばわかる方多いかな…
 "姉御"と呼びたい女優さんの一人です
 いつみてもカッコいいんですよね、この人…

ローズ・マッゴーワン嬢
 姉妹作「プラネット・テラー」の主役を演じています。今作ではチョイ役
 "お姉さま"と呼びたい女優さんの一人です
 いつみてもエロいんですよね、この人…

ほかの役者様・スタッフ様の紹介は断腸の思いで割愛。すみません( ̄ー ̄)ゞ

前半退屈な展開ですが後半にはいり、一気にヒートアップ!いい意味で二面性が浮き出る異色な映画です。

ジャンルは壮絶カー・バトル・アクション・・・だそうですw

テーマ曲も個性的。

April March:Chick Habit
 絶妙に映画とマッチした曲です。


気が向きましたらご鑑賞あれ

ちなみにグラインドハウスとは60年代・70年代アメリカに広まったインディペンデント映画を表現した名称です。

「デス・プルーフ」と「プラネット・テラー」はそれらにオマージュを捧げ製作された作品です。

注)両作品とも残酷描写が含まれているので耐性のない方はご遠慮くださいましw


オススメとは少しズレますが、お気にな…もしくは好きな俳優・映画監督・スタッフは自然と生まれます

正直なところ

いっぱい過ぎて一気には書ききれません!!

それはおいおい作品紹介など交えながらということで("⌒∇⌒")


結局今日は映画の話で終わってしまった

だって、家族の次に映画が好きなんだもの  (〃∇〃)

 




色々な熱

2010.03.25(01:32)

近頃、お仕事も落ち着いてきて余裕が生まれつつあるせいか色々なものに夢中です

一つはお決まりの映画。DVD鑑賞は毎日欠かせません。

今日は「96時間」という映画を鑑賞しました。

いや~普通に楽しめましたヽ(  ´  ∇  `  )ノ

内容は

海外旅行先で人身売買組織に誘拐された娘を、元CIAの父親が取り戻しにいくというもの

なんとなくオーソドックスな内容に思えるけど、この父親が熱いw

演じるはジェダイの騎士こと リーアム・ニーソン おじさま。

ジェダイの騎士、無茶しまくる!

興味のある方、ご鑑賞あれ。地味に楽しめます(δ_-)

私のように映画の好みが壊れた偏った者でも楽しめましたからw


してrohan

最近、いつものお友達とサブでPTを楽しんでいます。

乃亜とかアマドールとかはもうそっちのけで!

性懲りなくDEを育成しておりまする。ついでにそのDE紹介

アイちゃん チャイナ


はりこんで黒チャイナ着せてみました

立ってる分にはなかなかお似合いなのですが、走るとあいかわらずトコトコなので覇気を感じませんw

角度を変えてもう一枚

アイちゃん チャイナ 其の2

ちょっと色気だしてみました

でも操作してる人間に色気がな(ry

さておき最近はもっぱらこのコで遊んでおります。

そしていつものチャット報告

こんな私ですが、妹のように愛情たっぷりで接しているメンバーさんがおります。

前プレイしていたラストカオスからのお友達です。愛着ひとしおw

そんな愛情の対象にも誤爆に対するツッコミは容赦ない私。その証拠の一つが

ごばーく

私の安否を伺ってくれているというのに何たる凶行。

しかし神様は善行も悪行もよく見てらっしゃる…

私の凶行はほかのメンバーからのおちょくりといった形でかえってきました

ロリじゃな~い!2

愛飲している飲み物を発言しただけで10歳のガキんちょお子様扱いとは・・・

ていうかいくらビスコ愛好家といえど液体・・ペースト状態のビスコで喉が潤うかい!

それより私23歳なんですが…


気を取り直してリアル。

先日夫と娘とで近くの運動公園を散歩していました。

元気のよい少年野球の掛け声に引き寄せられ、寄っていくとどうやら公式試合中。

ちょうど私たちの住む地区のチームが出ていたので、流れ的につい応援!

いいですね、少年野球。しかし今の小学生の投げる球速…あの異常な速さはなんですか( ̄□ ̄;;)

夫も「いい球だ」と感心。そんな夫、何を感化されたのか散歩後に軟式ボールを買ってきて

近所に住む後輩とキャッチボール開始。おっさん、もういい歳なんだから…

流れ弾が当たってもばからしいと少し離れて夫&その後輩のキャッチボールを眺めていると

「ちょ、先輩!休憩!」後輩君、疲れを癒しに私達の隣にどっこいしょ!

「なんだよ、体力ねえなぁ」ぶつぶつ愚痴りながら背後の壁に向かい投球・・・

ちょ、そんな至近距離で振りかぶったら・・・

どっごおおおおぅ!!

力任せに壁に打ち付けた軟式ボールは、夫の顔面へと見事なリフレク。

しゃがみこみ悶絶する森のクマさん。

心配のあまり私と後輩君が駆け寄り「大丈夫ですか!?」

後輩君の声に痛みをこらえながら顔を上げる夫・・・

ぶははははは!!!

見事にボールの模様が立体的にプリンティング。

夫は痛みをこらえてるけど、私と後輩君は笑いをこらえられませんでした

そこでクマの一言

「この壁、いい球返しやがるぜ!なにかビビッ!と愛を感じたぞ」

その夜、打撲のせいor壁からの愛で熱を出した夫。

…もうコンクリ壁と結婚しろよ、アンタ




復帰!!

2010.03.19(03:59)

PCの容態も安定の兆しが見えてきて、同時に夫からPCの使用権を強奪したのもあり
晴れてrohan復帰致しました

一体何ヶ月ご無沙汰したのでしょう…

なんだか無人島から何十年かぶりに生還・帰国した気分(大げさ

して、今まで育児・仕事に忙殺され、落ち着いた頃何をしていたかと申しますと

ゲームしちょりましたo(*δ▽δ*)oエヘヘ!

何かと賛否両論なFF13、そしてEnd of Eternityの2点

私はどちらも満足して遊んじゃいました

特に後者のEnd of Eternity(以下EoE)は登場人物がみんなキャラ濃ゆくて最高でした(。・_-)

夫も私のプレイをみて気に入ったのか、今必死で遊んでおります

プレイ中の夫の一言

「このリーンベルってキャラいるやん?このコってアンタみたいね」

えぇ!!私そんな可愛いかしら(嬉々)

「胸が枯れてるところなんかもう。あと破壊力もそっくり」

夫婦の危機って案外たやすく訪れるものなんだから気をつけなさいよ、熊。

ゲームの話はこのへんで。


話は変わりまして、私が何より愛する趣味…それは映画。

物心ついた頃には父の影響で映画にまみれて育ちました。

そんな私に色んな角度から映画を楽しむ事や、映画のバックグラウンド・裏事情などを

教えてくださっていた師匠ともいえる方が昨年末に他界されました。

もっと色々教えて欲しかった、お話きかせて欲しかった・・・残念でなりません。

でもきっと彼は天国で大好きな映画・音楽・写真・タバコ・お酒を心行くまで楽しんでいることでしょう。

師匠の何倍も映画を見て、私が天寿を全うしてソッチにいったら…その時はトコトン話しこもうじぇ!!

この場をお借りして  ありがとう、お師さん!

して、その師匠にいただいたDVDは数知れず。その中の一つ、有名な映画ですが

「プライベート・ライアン」

正直、私はスピルバーグの映画はあまり好きではないし、主演のトム・ハンクスもキライなほうです。

ましてや戦争映画なんて好んで鑑賞したことなど…

でも師匠に差し出された映画をスルーなんてできず、渋々再生したのが2年前。

ごらんになった方には説明不要かもしれませんが、ウィキ抜粋の概略をば


舞台は第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦。掩蔽壕の機関銃座から猛烈な銃撃を受けながらも

オマハ・ビーチ上陸作戦を生き残った米軍第5軍第2レンジャー大隊C中隊隊長のミラー大尉 (トム・ハンクス)

の下に、米第7軍第101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊第1大隊B中隊に所属するジェームス・ライアン上等兵

(マット・デイモン) をノルマンディー戦線から探し出し無事帰国させよ、という任務が下った。

ライアン家の4人兄弟はジェームス以外の3人の兄弟が戦死し、彼が唯一の生存者であった。

息子たちの帰国を本国で待つ母親に息子全員の戦死の報せが届くのはあまりに残酷だ。

たった一人だけでも生かし、母親の下に息子を返してやりたいという軍上層部の配慮だった。

ミラーは兵士一人を救出するために彼の部下の命を危険にさらす任務に乗り気ではなかったが、

危険極まりない敵陣深く進入し、ジェームス捜索を始める。


といった内容。

このミラー大尉、冷静な判断と行動力で部下とともにライアンを探し敵陣に進入していくのですが・・・

バッリバリな戦争映画( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(ェ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;) 

ところが中盤のとあるシーン

敵の迎撃壕を発見した一行。幸い相手には気づかれず迂回すれば安全に通過できる状況にもかかわらず

ミラー大尉はあとに続く味方が殺されてもいいのか!と攻撃命令。気の進まない部下もやむなく攻撃に加わります。

結果・・攻撃・破壊、しかも捕虜をとることまで成功するも部下のウェイド衛生兵が死亡。

部下が一人死ぬ度に10人を…100人を救うための犠牲だと自身に言い聞かせ、マシンのように任務をこなしてきたミラー大尉。

そんなミラー大尉が部下から離れたところでひっそりと、溢れ出る感情に耐え切れず嗚咽し泣くシーン。

お師さんが私にこの映画をくれたのはこのシーンをみせたかったんだなぁ

後日そのお師さんに「あのシーンを見せるためにDVDくれたんですよね?勉強になりました」

真面目くさって感想を伝えると

「え?何言ってるの?君マット・デイモン好きてゆうてたからあげたんだよ」Σ(δ。δ*)oガーン!

私の感動返してください、このやろう。

そんな事なども思い出しブログを書いているといつの間にやらホッペに涙が伝ってました。つらくなっちゃうから

話題チェンジ!


先日、仕事での失敗でヘコみ落ち込んでいた私。家族につらい表情は見せれないと、夫の不在時かつ

娘も寝ている時間に先述のミラー大尉よろしく溢れ出る感情に耐え切れず泣いてしまいました

「のあたん・・・」

Σ(σOσ*) ハッ

いつの間にやら目覚め、タオルケットを片手に目を擦りながら背後に立つ2才の娘。

ママとは呼ばず、ナマイキにも名前で母親を呼ぶ娘です。そんな娘も私の号泣に異常を感じたのか

私の背中に抱きつき心配そうに

「のあたん?」余計泣いてまうやんかあああぁ!

振り返り、愛しの娘を抱きしめると

「のあたん、あっぽん(あほう)」

そして
うきいいいいいぃっ!!

娘のホッペをウニウニする私がそこにいました

「はえええぇぇ!」夫と同じ反応で呻く娘。

そのときハッと気づきました

「あれ?私、もう落ち込んでないや」

再び娘を抱きしめ「ありがとうね」心でささやく私に、難しい顔をしてリアクションに困っている娘。

私はいつも家族に癒されてる。とっても心が温かくなりました




流行に敏感 ^^b

2009.11.04(11:16)

私、結構流行りモノに弱いタチです。

本はもちろん、コンビニの新製品、コスメなんかも使ってる銘柄の新製品ならつい買ってしまう・・・

そんな私は今、巷で大流行のアノ商品をゲットしました

えぇ、アレです

そう・・それは・・・

・・・・


インフルエンザ

新型でなかったのが微妙なところです。

普段風邪すら引いたことのない私ですが・・・そこ、バ○は風邪ひかな(ry とか言わないのっ!!!

人がインフルの検査されてるのを見たことはあるものの、自身が検査を受けるのは初めて。

発熱から26時間・・・指定病院に行きいざ検査!

鼻腔の奥の粘膜を擦り検査キットで判定する・・・のが手順。

長い綿棒を手に、診察台に横たわる私に迫る医師。綿棒が私の顔面に近づいたそのとき

「コレじゃダメだわ。小児用のちっさい綿棒とって」

息をついてナースにグチる医師。

もうそれでいいですよ、しんどいし、慣れたし・・・

さっきより短い細い綿棒が再び私の鼻にせまり・・・

んがごげがああ~!?


猛烈な不快感。

こ、これほど猛烈にキモチ悪いものだとは・・・しかも結構長い間グリグリ。

涙を浮かべて耐える私。

ようやく綿棒が抜き取られ検体採取完了。

そして・・・・

無事(?)インフルエンザA型 陽性。

点滴を受けて帰宅。うがい手洗いをしてすぐ検温。

ちょっ!

39.4度

寝よう・・・玄関先でグッタリしてる私をみた夫が私を無造作に担ぎ、ベットに運んでくれました

夫はそのまま実家へと娘ともども避難。

可愛い愛娘とも隔離され、寂しさと筋肉痛、倦怠感に一人ハァハァと息を乱す事・・・一夜。

翌朝・・・

な、治っちゃった ^^;

なんなんだ私のカラダwww

治ったといえど、体内からウイルスが排菌されてる時期なので隔離はされ続けましたが^^;

そして数日経った今日、再び病院に。医師に明日から仕事復帰してもよいとの許可を受けました

ようやく再開を果たした娘ちゃんとヒシッ!と抱き合い

「サミシカッタヨネ・・ゴメンね、ゴメンね!」娘を抱きしめ涙ポロロな私に

「あ、でもこの人ちっとも泣かなかったよ。
          ジジババに甘やかされて終始ハイテンションだったし」

私・・可哀想。


さてrohan

少し前にお友達が参加してるタウン戦観戦にいきました

タウン戦前からワクワク落ち着かず・・・勢いこんなssを

いや~ん!

うむ、美尻。

思わず見とれる私・・・いやいや神聖な戦い前になんてことをっ!

で、肝心なタウン観戦。

あまりに必死にお友達を追いかけ、白熱のあまり肝心なそっちのSS撮り忘れという・・・w

許ちて^^

でもまた観戦いきたいなぁ、楽しかった^^

何かお友達の試合を見に行ってるような気分でした。




  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 前回に引き続き…(03/28)
  3. おすすめの映画は?(03/26)
  4. 色々な熱(03/25)
  5. 復帰!!(03/19)
  6. 流行に敏感 ^^b(11/04)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。